アレルギー検査結果

uncategorized

旅行出発前に、まぶたの上の炎症がひどくなってしまい皮膚科にいってきたのですが、以前よりなんらかのアレルギー反応の可能性があると思っていたので、血液を採取してもらってアレルギー検査を依頼しておきました。

正確には、IgERAST法とかいうらしい。

もともとアレルギー性鼻炎もちでることはわかっていたし、なんとなくなんかにアレルギー反応を示すこともわかっていたので、この際はっきりさせたかったわけです。

そして、今日、その結果をもらってきました。やはり典型的なアレルギーをもっていたようです。

↓こんな感じ。

ハウスダスト1:クラス2

ダニ1:クラス2

イネ科マルチ:クラス1

同ブチ上皮マルチ:クラス1

クラスというのは0から6まであって、0だと何もなし、6だと相当ヤバイ、というものだそうです。1というのはシングルアレルゲンというものらしく、これはクラス2より陽性だと判断されるようです。マルチの場合はクラス1からだそうで。

ちなみに。

イネ科マルチ:

ハルカゼ、アモガヤ、オオアワガエリ、アシ、ギョウギシド

動物上皮マルチ:

ネコ、イヌ、モルモット、ラット、マウス

だそうです。

検査を終えて思ったのが、アレルギーというのは、全部じゃないけどどうやら本能的に感じているかもしれないってことです。

イネ科マルチのほうは、ほとんど知らない草ばかりですが、先生曰く夏の雑草らしいです。確かに自分、子供のころから雑草取りとか大嫌いでした。触るのが気持ち悪いというか…。

また、動物上皮マルチもホント納得です。ネコやイヌを室内で飼っているお宅へお邪魔するのは苦手です。匂いも嫌だし、やっぱりどこかムズムズ感もあったと思います。

ちなみに花粉症もアレルギーの一種ですが、これも検査からわかるものなのでしょうかね?。自分は花粉症ではないと思っていますが、今回特に言われなかったので、そう信じて問題がないものなのでしょうか??

とりあえずどうなるかわかりませんし、治るかどうかもわかりませんが、定期的に通院することにします。

Copied title and URL