のび○のくせになまいきだ

uncategorized

「しんちゃん」インドでTV放映中止? 子供への影響懸念

[mixi] 掲載が終了したニュース
mixi(ミクシィ)は、日記、写真共有、ゲームや便利ツール満載のアプリなど、さまざまなサービスで友人・知人とのコミュニケーションをさらに便利に楽しくする、日本最大規模のソーシャル・ネットワーキングサービスです。

だそうです。

そういえばこのあいだスペインに行ったときに、やってましたよ「クレヨンしんちゃん」。オープニングの歌がスペイン語に翻訳されていましたが、歌の字幕は日本語のまま。また、歌い方とか雰囲気は日本語の雰囲気をそのまままねした感じで。

インド版もそんな感じであれば、悪影響と思われてもおかしくないですね。

そういえば、スペインと言えばドラえもんも人気があるようで。スペインのドラえもんは4年前にいったときにテレビをつけたらやってました。

当たり前ですが、全部スペイン語の音声になってまして、だからのび太がスペイン語を話しているから、奴が言ってることが理解できないっ! 

……、、ちょっとショックを受けました。

まあ、そんなことはどうでもよいとして、欧米ではドラえもんというのは、のび太のあの畳の部屋の雰囲気やドラえもんがねる押入れが文化的になじみにくいなんて話もあり、ドラゴンボールなんかと比べてヒットしにくいなんて言われる中、なぜかスペインでは人気みたいです。ドラえもんは夢がある話ですし、実際面白いと思います。

ちなみにドラゴンボールの人気は特にイタリアを旅行した時に強く肌で感じました。どれだけスーパーサイア人のポスターを見たことか…。フランスでも根強い人気のようですが、実際行ったときにそう感じることはなかったですね。ブームはもっと昔だからなのかな。イタリアではまさにまっただ中なのか、ってくらいに感じましたけれども。

Copied title and URL