日曜日のこと

uncategorized

今更ながらですが、日曜日のことです。一応記録しておきましょう。

この日は演奏会に出演しに三鷹へと向かいました。最寄り駅の武蔵小杉からですと、いったん渋谷に出たほうが早いのですが、乗換えが多くなるので、南武線で立川までいって、その後中央線で三鷹というルートを選びました。電車でたまっているRSSリーダーのニュースを処理をするのには、よりよいのかなあと。

立川までは何も問題なく到着。乗り継ぎもスムーズに行き、後は三鷹に向かうだけ。

そのまま、ネットブックをもってインターネットしてたのですが、ふとドアの上のほうにある路線図みたいのをぱっとみてみると、三鷹にとまらない電車があるではないか、ということで、たまたま乗った電車が、特急なのか快速なのかさっぱりわからないので、まだ時間も十分だったこともあり、とりあえず小金井っぽいところで降りて確認してみることにしました。

が、これが不幸の始まり。

ついついあわてて降りたので、網棚に載せていた礼服、舞台の上で着る服を網棚に置き忘れてしまったのです。あわててたこととあわせてネットに夢中だったことも災いしました。

三鷹駅で降りた瞬間に気づきました。

ただ、たまたま今日は実家から両親が演奏会を見に来ることになっていたので、あわてて電話して、父親の礼服を代わりに持ってきてもらえることになったため、とりあえずは最悪の事態を脱することはできました

とはいえ、服は大事なので、急いでとりあえず駅の忘れ物センターへと向かいました。すぐ気がついたため、先ほど立川で乗って武蔵小金井で降りた電車や自分が乗っていた車両を思い出すことができたので、手続きはとてもスムーズに進みました。

すると、駅員さん、そういえば先ほどまったく同じもの=ハンガーケースを高尾行き電車に忘れた人がいましたよと。そんな会話をして数分もしないうちに、楽器=ヴィオラを持った青年が忘れ物センターに舞い込んで来ました。

姿をみて一目瞭然。楽器とかばんしか持っていない彼…、同じ団体で同じ忘れ物をしたどうしということで、なんか妙に親しみを感じてしまいました。彼はとりあえず知り合いから借りることにしたようです。

幸い二人ともその後、無事にお互いのハンガーケース=礼服を見つけることができました。

それにしても、演奏会のことを書こうとしたけれども、結局、この「忘れ物」の件だけでこの長さになってしまいましたね。

演奏会自体はどうだったかというと、えっとどうだったかな。今回はあっという間な感じでした。アンサンブルとしてはよかったのかな、でもやっぱり到底実力が及ぶわけもなく、無力さを感じましたが、まあ、そこはアマオケということで自分が楽しめればよいという側面も重視し、総じて「よかった、楽しかった」と結んでおきましょう。

演奏会には、両親をはじめ、会社の同僚にも来ていただきました。ありがとうございました。

で、その後ですが、その後もいろいろありまして…、これはまた別の機会に。

Copied title and URL